サロンやクリニックでの脱毛

生理中や日焼けしてると脱毛出来ない?脱毛出来るかチェック!

じゃあ、いざ脱毛しに行こう!と思ってカウンセリングに行ったが施術してもらえなかった・・・
なんて話をよく耳にします。


パッチテストなどをしてみないと分からないことは仕方が無いですが、
確認出来ることを知らないと時間の無駄になってしまいますよね。


まずはどういう人が施術を受けられないのか、
様々なクリニック・サロンの受けられない条件の中からよく見るものをまとめてみました。


サロン・クリニックの受けられない条件と理由


・日焼けをしている
 ...光脱毛と特にレーザー脱毛の場合、色素に強く反応しますので火傷を引き起こす恐れがあります。
  程度にもよりますが、一度施術可能か見てもらったほうがいいでしょう。


・ケガをしている
 ...傷口は非常にデリケートなので、その周囲を含め施術を受けられません。関係ない部分は出来ます。


・18歳未満
 ...まだホルモンバランスが安定していない年齢ですので断られる場合があります。
  受けられる場合、未成年者は親の同意書が必要になります。


・生理中
 ...ホルモンバランスが不安定な生理中は、敏感に刺激を感じやすいので、
  普段より施術時の痛みが増すことがあります。
  そのためあまり受けないほうがいい期間ではあります。常識として、ビキニラインの施術は無理です。


・妊娠中、授乳中
 ...ホルモンバランスが不安定だと痛みが増すことがあります。あまり受けないほうがいいでしょう。


・肌が弱い(アトピー、ケロイド体質、光過敏症)
 ...程度によっては受けられるかもしれませんが、医師との相談、パッチテストを必ずしてください。


・薬を服用している
 ...まず、医師の相談が必要です。常備薬に関しては施術当日飲まなければ大抵は大丈夫です。


※その他、日常生活に障害がある大きな病気の場合や、皮膚がんがあるような場合は受けられません。※
※光や熱に触れるのが危険な病気の場合も受けられません。※


私も以前通っていたサロンでは確か、生理中は受けないほうがいいとありました。
ただ、自分は生理中、あまり体調の変化が無いタイプで、
ワキだけだったので受けていましたが、特に問題はありませんでした。hiyake.jpg


生理中でも妊娠中でも受けられる!?


実際は生理中であろうと妊娠中であろうと特に問題は無く、
脱毛を受けてもいいそうです。

(ただし、高熱を伴う医療用針脱毛は妊娠初期の方は受けられません。)


ただ、身体的にも精神的にも敏感になっている時期ではありますので、
ホルモンバランスの関係でいつもより施術時の痛みが増すことがあります。


また、生理中は体調が優れない人が多いかと思います。
つまり、体調が悪い時は安静にしろ、ということです。


妊娠中は、どんな事がきっかけで胎児に悪影響を及ぼすか分からないので、
出来る限り不安要素を取り除いて、安全に生活しましょうということです。


未成年の脱毛・・・毛が元に戻ってしまう?


極端な話、小さい子供でも受けられます。(最近は小さい子供が脱毛するのが流行っているみたいですよ!)
脱毛によってホルモンバランスが崩れるということはありません。


ただし、未成年の方はホルモンバランスが整っていないため、
一度脱毛したとしてもまた生えてきてしまう場合があります。

また生えてきてしまうのはもったいないので出来る限り、思春期を過ぎてから施術を受けるのがいいでしょう。


上に記述したことは全てのサロン、クリニック共通ではなく、あくまで一般的な禁止事項です。
これは参考程度にして、施術を考えているサロンやクリニックに
事前に電話やカウンセリングで確認をしてから行いましょう。



←前の記事「サロンとクリニックってどんな違いがあるの?」へ





■関連記事
ホルモンバランスと毛の関係












>>脱毛モテっ子計画 トップページへ戻る