家庭での自己処理方法

抑毛ローション...肌には優しいが、効果はあるのか

大豆(豆乳)、パイナップルが配合された抑毛ローションをよく見かけます。
大豆エキスから抽出されるラボステロンの中には、女性ホルモンに似たイソフラボンや、
サポニンとレシチンといった肌をしっとりとさせる効果を持つ成分があります。
そしてパイナップルエキスはそのラボステロンの吸収を高める効果があります。daipai.jpg


ただ、これって本当に効果があるのか?と聞かれれば
体質的な個人差がある、としか言いようが無いわけで・・・
残念ながら全く効果が現れない方もいます。


そもそもこれを使って毛が生えにくくサイクルが遅くなったり、
毛が細くなることはあっても毛が完全に生えてこなくなるというのは難しいです。
なので剛毛過ぎるのでせめてそれを薄くしたい!という人に向いています。


お肌に優しく、ケアにも使える


ただ、身体に害を及ぼすことはなく、
お肌に優しいので試してみて損はないと思います。

(アレルギーやかぶれる人は注意して下さい。パッチテストは必ずして下さい。)


また、美肌効果もありますのでカミソリや毛抜きで処理した後の肌にもいいんです。
大豆エキス(サポニンとレシチン)の肌をしっとりとさせる効果と
パイナップルのブロメラインという酵素の毛穴を引き締めたり炎症を抑える働きは、
除毛後の刺激を受けた肌の沈静化にとても優れています。

大豆とパイナップルの相乗効果は素晴しいものがありますね。


ただ、脱毛を考えている人は毛が細くなってしまうと
太い毛より効果が現れにくくなってしまうので控えたほうがいいでしょう。


オススメの抑毛ローション
プレミアムビューティースキン


時間があるなら自分でローションを作ってみるのもいいです。
材料さえあれば意外に簡単に作れてしまうのでおススメです。


豆乳ローションの作り方


【材料】


・豆乳(成分無調整)500ml
・レモン 2個(絞っておく)
・消毒用アルコール 大さじ4


【作り方】


1.豆乳を鍋に入れ弱火で熱し、かき混ぜます。60度ぐらいになったらレモン汁を加えます。


2.そのままかき混ぜ、豆乳が固まりかけたら火を止めて、コンロから下ろします。


3.消毒用アルコールを鍋に入れ、かき混ぜます。


4.ザル(ステンレス製が良い)をボウルに置いて下さい。
   ザルの中に綺麗なコットンタオルを敷き、その上にキッチンペーパー敷きます。


5.そのザルに、鍋の中のものを流しこんでしばらく置いておきます。
   そのうちボウルにたまっていく液体が豆乳ローションになります。


完成したものは容器に移し、粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて保存して下さい。
使用期限は約1週間なので、それまでに使いきって下さい。


※もし、パイナップルを入れたい場合は100gぐらいの生パイナップルを
 ミキサーなどで粉砕→絞って液体だけを抽出して出来上がった豆乳ローションとよく混ぜて下さい。
 缶詰のパイナップルではダメです。


市販されているものとはおそらく成分が異なります。
効果は人それぞれですのでどちらが効くのかは個人差です。
成分をよく見たり、実際どちらも使ってみたりして、合うものを見つけて下さい。



←前の記事「電気シェーバー...機械だと上手く剃れそうだが」へ





■関連記事
食事など生活習慣を見直してムダ毛を改善できる?












>>脱毛モテっ子計画 トップページへ戻る