家庭での自己処理方法

電気シェーバー...機械だと上手く剃れそうだが

手軽に、誰が使っても大体安全に剃れるのがこの電気シェーバーです。
ジェルなどをつけなくても肌への負担はあまりありません。


脱毛をしに行った時、自己処理の方法として勧められるのが、sv.jpg
Panasonicのフェリエという電気シェーバーです。
サロンの人曰く、1番肌に優しくて安全な方法らしいです。


ただ、もともとフェリエは顔用のシェーバーです。
そのために身体用より優しく剃れるように作ってあります。


普通、身体用のシェーバーは肌に触れる面が多く、
状況が見づらく、凸凹したところは剃りにくいという難点があります。


しかし、フェリエだと縦長で横は細い造りになっているので、
剃っている部分が見やすく、また凸凹したところも柔軟に剃ることができます。


眉用の小さい刃と顔の産毛用の大きい刃があるので
それも使い分ければ殆どの場所を剃ることが出来るでしょう。


※2012年4月にボディ用のフェリエが発売されました。
 こちらは水洗いも、I字・T字カミソリにすることも可能です。
 他のシェーバーよりは肌に優しく小回りが利きますが、
 本当に細かい部分にはフェイス用、特に眉用の刃が1番です。


綺麗に剃り切れない・・・剃り残しが気になる


ただし、シェーバーの難点は剃った後の毛の残り方です。
カミソリで剃ったときは皮膚の表面から毛はほとんど見えなくなりますが、
シェーバーだと結構残ります。


フェリエでもやはり多少は残ってしまいます・・・。
ただ、カミソリのようにうっかり手を滑らせてざっくり切ってしまった!!
なんてことがないのがいいです。


清潔に管理しよう


あとは金属が直接肌に触れるのは良く無いです。
以外に剃る部分を洗ったりせずに拭きとるだけ・・・なんてありがちですが、
出来る限り刃を取り外してよく洗うようにしましょう。


お肌に優しいといえど、何度も当てたり、強く押し当てたりするのは止めましよう。
何回もやるとさすがにヒリヒリしますので・・・


また、油断せずに保湿とケアも忘れずに行なってくださいね。



←前の記事「脱毛ワックス・脱毛テープ...キレイに除毛出来るが痛い」へ





■関連記事
自己処理は肌を傷つける?処理前・処理後ケアのすすめ
カミソリ...最もポピュラーで安い方法だが












>>脱毛モテっ子計画 トップページへ戻る