家庭での自己処理方法

脱色クリーム...見た目はどうなの?お肌に優しくない?

なぜ、ムダ毛が目立つのか、それは私達日本人の肌が白人ほどは白くないにしても
それほど黒くない色で、かつ毛の色が黒いからです。


白人は肌の色が白く、毛の色は金色のような色(毛が黒に近い人もいますが・・・)dassyoku.jpg
黒人は肌の色が黒く、毛の色は黒といったように互いを目立たせる色のではないためにムダ毛は目立ちません。


肌の色を変えるには限界があります。
ですから毛の色を肌の色に合わせる、ということで脱色という方法を使い、
目立たなくさせるという方法があります。


一般的な日本人の肌の色でしたら金色にすれば目立たなくなるかと思いますが、
肌が黒目の人はあまり向いていなさそうです。


毛は無くならない、不自然な毛


脱毛でも除毛でも無いので肌の表面から毛が無くなることはありません。
また、生えてこなくなるということもありません。


それがどういうことなのか、一時的にムダ毛の色を抜いて目立たなくすることは出来ますが、
生えてくる毛は黒色なので、色の違う毛が一緒に存在することになりなんだかおかしなことになります。


確かに他の除毛方法だって毛が生えてくるのは同じですが、
見た目的に恥ずかしさが倍増するような気がします。


定期的に脱色すればそれは防げるのかもしれませんが、
そうなると肌へのダメージが心配です。


お肌へのダメージが・・・おすすめしません


髪の毛をブリーチで脱色したことがある方は分かると思いますが、髪がとても痛むんですよね。
ということは、肌へのダメージも当然大きいはずです。
お肌の弱い人はかぶれたり赤くなったりしてしまいます。


お肌に優しいとうたっている脱色剤もありますが、確かに普通のものよりはいいでしょう。
ですが、やっぱりお肌には良く無いので、定期的にやるには向いていないと言えます。


ただ、ムダ毛はある程度伸びると伸びにくくなることが結構ありがちなので
脱色する間隔は除毛する間隔に比べて長くなるかもしれません。


とはいえ、正直、お肌のことを考えるとあまりオススメの処理方法では無いです。



←前の記事「抑毛ローション...肌には優しいが、効果はあるのか」へ





■関連記事
自己処理は肌を傷つける?処理前・処理後ケアのすすめ












>>脱毛モテっ子計画 トップページへ戻る