家庭での自己処理方法

自己処理は肌を傷つける?処理前・処理後ケアのすすめ

今までやむを得ず、カミソリ毛抜きなんかで除毛してきたけれどkega.jpg
カミソリ負けを起こしちゃったり、毛穴が開きすぎちゃったりして肌が汚い・・・
などという経験は自己処理の中で何度もあったと思います。


確かに素人の腕では何をしたって肌を傷つけてしまい、肌には本当によくないです。
なので出来る限り、自己処理はすべきではないです。


しかし、金銭面やいろいろな面でどうしてもお店へは通えないという人もいます。
そんな方へ、特にカミソリや毛抜きで処理するときに有効な、
最低限の肌を守る方法をお教えします。


処理前の準備


まず、ムダ毛を処理する前に肌を温めて柔らかくしておきましょう。
普段の肌は硬いため、肌を簡単に傷つけてしまいますし、処理するには向いていないです。


皮膚をやわらかくすることで、ダメージを抑えます。
また、毛穴が開きますので毛抜きなどの方法のときスムーズに処理が出来ます。


入浴中に処理してもいいのですが、
細菌が処理後の毛穴に入り炎症を起こすことがありますのであまり好ましくはないです。
お風呂上りであればいいです。


一番いいのは蒸しタオルで毛を剃る部分を温める事です。
このとき注意するのが、熱すぎるものを使わないということでしょうか。
電子レンジで温めてものすごく熱い!なんてことありますよね。
ある程度冷ましてから使いましょう。


また、除毛部位が顔でしたら温かいミストが出るスチーマーを使うのもアリです。
美顔効果がありつつ除毛が出来るのでオススメです。


肌はデリケートなので、なるべく刺激を与えすぎない事を意識してください。
こすったり、叩いたりするのはやめましょう。出来る限り優しく、包み込むように温めましょう。


処理後のケア


剃った後は必ず肌を清潔に、保護しましょう。
ローションやクリームなどを塗りこんで傷ついた肌を保護することが大切です。

薬局で得られているような保湿クリームやボディバターで構いません。


個人的なおススメは、100%天然成分のキャリアオイルです。
中でも使いやすいのがホホバオイルだと思います。
ただ、こちらも向き不向きがありますので色んな種類のキャリアオイルを試して見ましょう。


そして傷が分かるようなところは消毒するのが良いです。
傷がついて毛穴が開いた状態の荒れた肌をそのままにしておくのは本当に危険です。
そこから炎症をおこして、色素沈着や化膿が起こることもあります。


剃ってしまえばあとは面倒だからやらなくていいや、とその場で楽をしてしまったがために
治らない傷になるなんて、せっかく綺麗になるために処理をしているのにおかしな話です。


それどころかやらなければ良かったと後悔することになるでしょう。
面倒だとは思いますが美しい肌を目指して、時間を掛けて処理しましょう。



全体に共通することは肌を清潔な状態にして処理をするということです。
その他、処理中の注意点については処理方法によって異なりますので
それぞれのページから確認して自己処理を行って下さいね。







■関連記事
カミソリ...最もポピュラーで安い方法だが
毛抜き・ソイエ...毛根から綺麗になるが埋没毛の危険性が












>>脱毛モテっ子計画 トップページへ戻る