家庭での自己処理方法

毛抜き・ソイエ...毛根から綺麗になるが埋没毛の危険性が

処理前、処理後については自己処理は肌を傷つける?処理前・処理後ケアのすすめを参照して下さい。kenuki.jpg


毛抜きはカミソリのような切れ味など、機能が劣化することが無いために、
洗って繰り返し使用することが出来、買い替えする必要がありません。
さらに一本の値段は安いので、費用に関しては最もかからない方法と言っていいでしょう。


毛根から毛を抜きますので、次が生えてくるのに時間がかかり、長持ちします。
また、生えてくるのは新しい毛ですので、毛先は細くなっており、
カミソリの時のように毛が太く見えることはありません。


処理に時間が掛かる、肌にダメージを与える


しかし、その反面多くの難点もあります。
一本一本を処理するのでとにかく時間がかかります。効率はとても悪いです。


そして何より痛みが強いことです。
特にビキニラインなんかはデリケートな部分でもの凄く痛いんですよね。


そして、皮膚にはあまり悪くないと思われがちですが、とんでもない。
毛抜きは肌には非常によくありません。


毛を引っ張るときに、一緒に肌も引っ張られて伸びます。
するっと抜ける退行期(毛の生える周期については毛周期を参照してください。)
であればいいのですが、成長期の毛はがっちりと生えているので、
抜く際にものすごい力がかかります。


その結果、毛穴とその周辺が盛り上がり、鳥肌のようになってしまいます。


厄介な埋没毛の発生


そして毛の方向に逆らって無理に抜いてしまうと埋没毛が出来てしまうのも問題です。
よく皮膚の中から出てこれずに、埋まってしまっている
毛を見たことはありませんか?あれが埋没毛です。


鳥肌状になった後、もう伸びなくなってそのまま皮膚の中で消えてしまうのが普通ですが、
色素沈着を起こしたり、毛嚢炎(中で化膿を起こし、悪化すれば赤く腫れ上がる症状。身体にできるニキビ)
になる場合もあります。


毛嚢炎になってしまうと、とステロイド治療や投薬治療、
最悪手術で切断してとらなければいけない人もいます。


そのため、埋没毛をそのまま放置しておくのは危険です。
一番良い対処法は、皮膚科に相談して、レーザー脱毛で取り除くという方法です。
わざわざ皮膚科に行くのもなぁ・・・という方は自分で処理する方法もあります。


それは消毒した患部に、消毒した針で軽く埋まった部分を開き、取り除くという方法です。
また、ごく表皮に近いところに発生した埋没毛であれば、
タオルなどでこすることで、毛を出すという方法もあります。


カミソリや他の除毛方法でも埋没毛は発生しますが、
毛抜きの場合は発生率が非常に高いです。


ソイエなどの脱毛シェーバーも毛抜きと変わりませんので同じような注意が必要です。
むしろ接地面がある分、洗浄がされていないシェーバーについては衛生的によくありません。
せめて清潔な状態で使いましょう。


しかし、このソイエ昔使用していたのですが、私自身には本当に合いませんでした。
あまりの痛さと処理後の肌の汚さで、怖くて使っていません。
どれだけ辛い思いをしても脱毛が出来る訳ではありませんしね・・・


しかも、結構値段が高く、もったいない買い物をしてしまったなと後悔。
それだったら、高額ではあるものの、痛みもなく、しっかりと脱毛もできる
家庭用脱毛器
を買ったほうが断然いいと思います。


どうしても毛抜きで!という方は、処理前の準備に書いてあるとおり、
皮膚を温めて、毛穴を開かせてから処理するようにしましょう。




←前の記事「カミソリ...最もポピュラーで安い方法だが」へ





■関連記事
自己処理は肌を傷つける?処理前・処理後ケアのすすめ
毛の生える周期「毛周期」に合わせた効率的な脱毛












>>脱毛モテっ子計画 トップページへ戻る