脱毛に対する不安解決!

硬毛化・増毛化のはなし・・・レーザー、光脱毛が逆効果に?

レーザー脱毛や光脱毛において脱毛をしに行ったはずなのに、
施術を行った後に毛が濃くなってしまった!増えてしまった!
なんていう人が稀にいます。


硬毛化・増毛化が起こるのは産毛が多く、産毛と硬毛が入り交じる部位で発症することが多いです。naku.jpg
特に顔・うなじ・背中・二の腕・肩付近で起こる可能性が多いようです。
また、弱い出力でのレーザー脱毛、光脱毛において起こりやすいと言われています。


レーザーや光に反応して毛根周辺の細胞が活性化してしまうことが
原因という見解もありますが、正確な原因はハッキリと分かっていません。


レーザー脱毛、光脱毛を続けて薄くなっていく場合もあれば、
薄くなって行かない場合もあります。
同じ機械で続けるのであれば、改善されない、効果がない場合が多いでしょう。


出来る限りの対処法は?


確実な方法は、針脱毛に移行することです。
針脱毛は電気による脱毛で直接毛根を破壊しますので、レーザー脱毛や光脱毛のように
硬毛化、増毛化が起こることはありません。


もっと言えば、産毛に関してはレーザー脱毛や光脱毛は反応が出にくいので
初めから針脱毛で施術しましょう。


どうしてもレーザーや光がいいというのであれば、
そのようなトラブルが起こった場合、親身に対応してくれるようなサロンやクリニックを選びましょう。


また、レーザー脱毛や光脱毛といっても波長などが違う様々な機械がありますので、
色んな機械が試せるような所が良いでしょう。


せっかくお金を払って脱毛をしているのに悪化させては意味が無いので、
様々なトラブルを想定して契約をしましょう。



←前の記事「肌が弱く、トラブルが多い・・・私でも脱毛できるの?」へ





■関連記事
脱毛には色んな種類がある?針脱毛、レーザー脱毛、光脱毛
サロンとクリニックってどんな違いがあるの?












>>脱毛モテっ子計画 トップページへ戻る