脱毛に対する不安解決!

レーザーや光脱毛の光って有害?無害?フォトフェイシャルって何?


レーザー脱毛や光脱毛の光を浴びることによって、
肌に何らかの害があるのではないか・・・?
と心配している人はいませんか?


最近では原発の問題などで放射線の光が危険だと言われていたり、hikari.jpg
オゾン層の破壊により太陽から降り注ぐ紫外線の影響が怖い・・・など。


確かに放射線の光はレントゲンのX線に使われていたりして役に立っていますが、
それは少量であって、多く浴びると細胞が破壊されて
ガンやなどを引き起こしたりと危険です。


紫外線もシミの原因になったり皮膚ガンを引き起こすことがありますので、
身体にはよくない効果をもたらします。


脱毛で使われる光は身体への影響はないのか


脱毛で使用される光は可視光線といわれ、放射線や赤外線に比べ
波長が長く、エネルギーは低いです。


脱毛したことがある人はわかると思いますが、照射する時光が出るので
目隠しのためにゴーグルをつけたりすることがあります。
その光は眼に見えるものですので「視覚的に見ることが可能な光」で可視光線ということです。
蛍光灯の灯りなんかも可視光線です。


光は波長が短ければ短いほど身体に害を及ぼします。
波長の長さは 長 可視光線>紫外線>放射線 短 となっており、
可視光線の光であれば悪い影響はありません。


そのため、脱毛で使われる光は身体への害はありません。
ただし、可視光線だから完全に安全というわけではありません。


パワーが強すぎると火傷を引き起こしたりして肌を傷つけてしまうことがあるからです。
そのようなことが起こらないよう、照射テストをすることが必要となります。
肌の色によって人それぞれ出力が変わってきますので注意して下さい。


光の力で美肌に・・・フォトフェイシャル


また、光といえば「フォトフェイシャル」というものがあります。
(医療機関でしか、正式なフォトフェイシャルは受けられません。エステなどのものは類似したものです。)
光によってお肌のトラブルを改善するという優れ物です。
シミ、ソバカス、赤ら顔、毛穴の開き、シワなどなどに効果があります。


しかし、それはどのような仕組みになっているのでしょうか?
このフォトフェイシャルの光は、肌トラブルの原因となるメラニンや毛細血管にダメージを与えます。
それにより繊維芽細胞が活性化して、コラーゲンなどお肌を美しくする有効成分を作り出しているのです。


光の種類によって害を与えたり、良い効果をもたらしたりするのは不思議なものです。
美容に関して使われる光は、身体への影響を考えて作られているものがほとんどですので、
よっぽど悪徳な商売をしていない限り大丈夫です。



←前の記事「脱毛するとワキ汗が出やすくなる!?ワキガにもなる!?」へ





■関連記事
脱毛っていつから始めるのがいいの?夏はダメ?












>>脱毛モテっ子計画 トップページへ戻る