毛に関する基礎知識

ニキビや脂性肌と毛の関係

ニキビができやすくなるから前髪をあげなさい、耳にかけなさい
なんて私自身母親にしょっちゅう言われていました。nikibi.jpg


というのもニキビができやすい体質のため、思春期はほぼニキビと共に
辛い人生を歩んできました(泣)


確かに横の髪に当たりやすい頬はとてもニキビが出来やすかったです。
ニキビをできにくくする基本は清潔にすることです。


髪の毛には汚れがつきやすく、脂っぽいのでニキビを生み出す原因となります。
出来る限り顔に触れないように耳にかけたり、結んだりするのがいいでしょう。


また顔だけではなく、背中にもニキビは出来やすく、髪の毛を伸ばしていると
毛先が良く当たりやすい場所なので気をつけましょう。


ニキビが発生する箇所の産毛


しかし毛といえば、髪の毛だけではありません。顔にも、背中にも産毛は生えていますよね。
そしてその毛に付着した汚れもニキビへつながっていくのです。


ただ、ニキビ対策のために剃るのも危険です。
手足などの皮膚と比べ、顔の肌は弱く傷つきやすいです。
また、その傷ついたところから菌が繁殖してニキビができてしまうこともあります。


それにニキビがある状態では凹凸があるため上手に剃ることは難しく、
ニキビを悪化させてしまうので厳禁です。


ニキビがある場合での処理は行わないのが良いですが、
どうしてもという方は抑毛ローションを使うようにしましょう。
ただし、顔に使っても良い、お肌に優しい成分のものを使って下さい。


しかし、毛があると毛穴が開きやすく、その開いた毛穴に汚れが溜まって
ニキビができやすくなるというのもまた事実です。
実際、脂性肌の人は普通肌の人に比べ、毛穴が開いている傾向にあります。


ですので毛穴を小さくすれば、その分ニキビは出来にくくなるということです。
カミソリなどで剃る、という方法は毛穴を小さくすることは出来ませんのでダメです。
それではどのような方法があるのか。


毛穴を小さくする脱毛


それは、レーザーや光、針脱毛などの脱毛です。
特に脱毛サロンでの光脱毛では美肌効果を期待できるような方法で
脱毛を行なっていることが多いです。
よく、毛穴の引き締め効果があるなんてうたっているところもあるのでオススメです。


ただ、上記方法では脱毛の効果を感じるのに時間がかかるので・・・(産毛の脱毛は毛根を狙うのが難しい)
すぐに処理したい人は糸脱毛がいいです。
あまりメジャーではないので効果はなんとも言えませんが、
毛穴が小さくなってきたなんていう意見もありますので、一度試してみるのもいいかもしれません。


しかしレーザーも光も針も糸もニキビがある状態で行うのは危険ですし、出来ません。
もどかしいかもしれませんが、とりあえず、ニキビを治すところから始めて下さい。
また、効果は少ないかもしれませんが、抑毛ローションで様子を見てみましょう。



←前の記事「健康的に女性ホルモンを増やそう!」へ





■関連記事
抑毛ローション...肌には優しいが、効果はあるのか
脱毛には色んな種類がある?針脱毛、レーザー脱毛、光脱毛
顔の産毛に困った・・・糸脱毛って知ってますか?












>>脱毛モテっ子計画 トップページへ戻る